どうしてハゲるのか?

薄毛・ハゲが起こる理由とは?

薄毛・ハゲはなぜ起こる?髪の毛が失われていく原因は決して一つだけではありません。大抵の場合、さまざまな原因が組み合わさっています。特に薄毛の原因として有名なのはAGAと呼ばれる男性型脱毛症です。しかし原因はそれだけではありません。例えば毛根に皮脂が詰まり、髪の毛が成長しなくなって最終的に抜け毛となる「脂漏性脱毛」。これは、脂っこい食事や皮脂の分泌以上が原因となっています。

その他の原因としては、生活習慣やストレスがあげられるでしょう。そうした影響は毛髪にも及び、血行不良によって抜け毛がおきてしまうのです。脂漏性脱毛が薄毛の原因であれば、生活習慣を見なおしたり投薬治療によって改善することができるでしょう。また、ストレスによる血行不良が原因なら血行を促進するだけでも薄毛が改善される場合があります。しかし、日本人男性に多いAGAは、男性の薄毛の中でも最も深刻な症状です。AGAは、男性ホルモンという内分泌系の異常によって引き起こされます。さらに遺伝も関係するので、自分でどうすることもできません。それで、AGAでの薄毛の場合は医師による医学的な治療を行うことが大切です。

原因はさまざまだが、薄毛になる要因は「ヘアサイクルの乱れ」

人間の毛髪は、毛根から生み出されてゆきます。この毛根は相互に干渉することがありません。それぞれが独立したヘアサイクルを持っているのです。ですから、一斉に髪が抜け落ちることが無いという訳です。

ヘアサイクルは正常であれば、2年から6年かけての「成長期」に髪の毛を成長させ、太く強くしてゆきます。その後、2週間ほどの「退行期」に入ります。髪の毛を成長させてきた毛球が縮み、土台も弱くなってくるでしょう。そして最後に3ヵ月から4ヵ月ほど「休止期」があります。この時期に髪の毛は抜け落ち、次の髪の毛が生まれてくる準備をします。そして再び成長期が訪れることになります。

こうしたヘアサイクルが、毛根すべてで独立して行われています。1日に約50本から100本の髪が抜け落ちますが、ヘアサイクルが正常であれば、次の髪の毛がすぐに生える準備が始まるので心配することはありません。しかし、このサイクルが乱れると2年から6年の成長期が大幅に短くなってしまいます。

すると、十分に成長していない段階で髪が抜け落ちる。でも次の髪の毛が生まれる準備ができていない。こうした悪循環が髪全体に広がってゆくと、薄毛としてはっきりと感じられるようになるのです。

ヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルの乱れる原因

男性ホルモンがヘアサイクルを乱している

日本人男性の薄毛の大部分は、AGAと呼ばれるものです。この脱毛症の原因は男性ホルモン「テストステロン」。テストステロンは、男性らしいからだを作ったり生殖機能の維持に関わるという大切なホルモンです。

しかし、毛球の近くに多く存在している酵素「5αリダクターゼ」と結びつくと、悪玉ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されてしまうのです。このホルモンが毛母細胞の受容体と結合すると、成長期を止めて直ちに脱毛しろというシグナルが発せられます。すると、毛根は収縮して髪の毛が成長をやめてしまい、やがて抜け落ちてしまうでしょう。

毛根は髪が抜け落ちた後も収縮した状態ですから、次に生えてくる毛髪も細い産毛のような髪しか生えず、しばらくすると毛根自体が閉じてしまいます。こうした流れを考えると分かるように、AGAの真の原因はジヒドロテストステロンなのです。

男性ホルモンの図

AGAと遺伝の関係

遺伝の影響「薄毛やハゲは遺伝する」。と聞いたことがあるかもしれませんが、それは事実です。

AGAの真の原因はDHTが生成されること。その生成には5αリダクターゼが関係しています。つまり、5αリダクターゼの量が多ければ多いほどAGAになりやすいのです。

5αリダクターゼの量が多かったり少なかったりするのは、遺伝によって決まります。

その他の薄毛の原因は他にもある

血行不良 血行不良

髪の毛を作り出している毛母細胞にはさまざまな栄養素が必要で、そうした栄養素は血液によって運ばれています。もし血行不良がおこると、栄養不足になり毛母細胞が細胞分泌しないため、毛髪の成長が妨げられるでしょう。

下線

タバコ タバコ

タバコはからだ全体に悪い影響を及ぼします。何ひとつ健康に貢献することはありません。血管を収縮させる作用もあるので、頭皮の血行不良を引き起こし髪の毛の育成にも害を及ぼすでしょう。

下線

アルコール アルコール

お酒を適量飲むことは、健康に何の問題もありません。問題なのは「飲み過ぎ」。頭皮の血流が悪くなるおそれがあります。さらに、アルコールを分解するために多くの栄養が使われることになるので、髪の毛を作り出す毛根に必要な栄養が足りなくなってしまいます。結果、発毛・育毛力が弱まるでしょう。

下線

睡眠不足睡眠不足

睡眠不足もからだ全体の健康を害します。毛髪の成長は夜の10時頃から夜中の3時くらいまでが最も盛んです。ゴールデンタイムと呼ばれるその時間に睡眠を取っていなければ成長を妨げることになるでしょう。

下線

ストレスストレス

ストレスの多い生活は頭皮にも影響します。頭皮が硬くなり血行不良を引き起こすので、髪の毛が十分に成長しなくなります。

生活習慣の改善はAGA治療の効果を高めてくれる

タバコやアルコール、ストレスなど薄毛の原因になっている習慣を改善してもAGAが治ることはありません。AGAの真の原因である男性ホルモンの影響力を止めないといけないからです。しかし、治療をサポートしてくれる効果があるので、できるだけ良い生活習慣を身につけることをめざしていただければと思います。

受付女性

東京青山クリニックのAGA治療メニュー

無料カウンセリングをおこなっております

院内画像

「 費用はどれくらいかかるのか? 」「 治療の期間や方法を知りたい 」

治療に関するどのようなご質問にもお答えいたします。 もちろん、無理に治療を勧めることはありませんので ぜひ、お気軽にご相談ください。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
電話0120-973-966
東京青山クリニック
全国12院展開中

どの院も最寄り駅から歩いてすぐです。クリニックへのアクセスはこちら。