AGA治療と植毛。どっちが良い?

植毛治療とは

sample植毛治療とは、頭髪の中でも地肌が見えるほど髪が薄くなっている部分に、新しい毛髪を移植する治療法です。その際に用いる毛髪は「人工毛」、もしくは自分の毛「自毛」を用います。人工毛は、移植する部分以外の毛量に影響しないというメリットがあります。しかし、自分のからだの細胞ではないものを移植するので、頭皮に拒絶反応が起こる心配もあります。

一方、自毛の場合は拒絶反応の心配はなくなりますが、移植できるくらい他の部分の頭髪が十分に存在していなければなりません。基本的には、後頭部に生えている髪の毛を移植することになるでしょう。頭髪を移植するとは実際にどのようにして行うのでしょうか。後頭部に生えている毛を移植する場合、その髪の毛の毛根付近の頭皮組織をまるごと切り取って移植することになります。

ですから、後頭部の手術跡は目立たないとはいえ、ライン状の傷ができてしまいます。自毛移植には、皮膚を切除することなく毛根の1つ1つを採取するという方法もあります。しかし、この方法はかなりの技術が必要であることと、培養する手間がかかるため高額な治療となるでしょう。

植毛治療のメリット

人工毛にせよ、自毛にせよ、移植が成功すればカツラや増毛では得ることのできない喜びが得られます。自分の髪として使用できるので、わずらわしさからも開放され気分的にも後ろめたい気持ちがなくなります。毎日を明るく過ごすことができるでしょう。

植毛治療のデメリット

植毛治療は、メスで組織を切開するという方法と、毛根を1本ずつ採取する方法があります。しかしどちらの治療法を選択してもかならず傷跡が残ってしまいます。術後はしばらくの間、専用の帽子などを着用する必要もあるでしょう。さらに、植毛治療はかなり高い技術が必要な治療法です。手間もかかるので、本当に満足できる治療をめざすには数百万円クラスの費用がかかることもあるでしょう。また、毛根を移植しても移植先で上手く定着してくれないと髪の毛は生えてきません。その場合は再び移植手術を行うことになります。

植毛治療とAGA治療、選ぶならどっちがいい?

sampleAGA処方薬での治療は、頭皮の切開などの難しい手術の必要がありません。ですから、皮膚組織を傷つけることもありません。植毛治療は成功すれば満足のゆく効果を期待できるかもしれませんが、からだへの負担もかなりのものになります。

たとえ治療を検討していたとしても、第一選択としては外しておいたほうが懸命だといえるでしょう。フィナステリド製剤やミノキシジル製剤は、現在行われているAGA治療で最も高い効果が期待できると評価されている薬です。日本皮膚科学会の発表するガイドラインで、「Aランク」を獲得しているのはこの2つの治療薬だけなのです。

からだに傷をつけることなく、それでもかなりの効果を期待できる。しかも植毛治療に比べると費用もかからない。そうであれば、わざわざリスクを冒して植毛手術を行う必要はないといえるのではありませんか?

植毛治療もとても効果の高い方法ですから、完全に選択肢から排除する必要はありません。しかし、優先順位で考えるとAGA治療薬による治療を優先すべきだと思います。

増毛シールなどを頭皮にくっつけるサービスはどうか?

sampleヘアサロンなどでは、人工毛を編みこんで髪の毛が増えたように見せかける増毛法や、薄い膜のようなシールを頭皮に貼り付けて髪の毛が増えたようにみせる方法が行われています。こうしたサービスを行うのはどうでしょうか。

これらの増毛法は、医療行為ではありません。部分かつらのようなものだと考えることができるでしょう。最近の増毛技術は素晴らしいものがあるので、人工毛を編みこんだり特殊な膜のようなシールを使う方法も周りの人に気づかれない効果を期待できるでしょう。

ですから、薄毛に対するコンプレックスの解消にもなるかもしれません。しかし、それらの方法は結局偽物です。自分の髪を生やしているわけではないのです。

増毛シールなどを用いた治療を行った人の中には、本当の自分を隠しているという後ろめたさを感じてしまい、精神的に不安定になることもあるようです。そうした精神面でのデメリットの心配が全くない人であれば、試す価値はあるかもしれません。

しかし、結局のところ本当に自分に自信を持つためには自分自身の髪の毛を増やすという方法が一番良いのです。しかも、それらの増毛法にはメンテナンスが欠かせません。自分の髪に人工毛を編みこむ方法であれば、髪が伸びるにつれて編み込んだ部分も先に進んでしまいます。編みこんだ根本が上がってくると不自然に見えてくるでしょう。

薄い膜のようなシールを使う方法も、粘着性を維持するためには定期的なメンテナンスが欠かせません。しかもずっとシールを貼り続けているわけですから、頭皮や毛髪に与えるダメージも気になるところです。

こうして考えると、現在のAGA治療では、内服薬による治療が一番よい選択であるといえるでしょう。

東京青山クリニックのAGA治療メニュー

無料カウンセリングをおこなっております

院内画像

「 費用はどれくらいかかるのか? 」「 治療の期間や方法を知りたい 」

治療に関するどのようなご質問にもお答えいたします。 もちろん、無理に治療を勧めることはありませんので ぜひ、お気軽にご相談ください。

  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約
電話0120-973-966
東京青山クリニック
全国12院展開中

どの院も最寄り駅から歩いてすぐです。クリニックへのアクセスはこちら。